ここから本文です

ツーフィンガー奏法

ツーフィンガー奏法とは、その名の通り2本の指で弦を弾く奏法です。(人差指と中指を使います)
弾き方によってサウンドが大きく異なる為、ピック弾きよりも表情豊かに演奏が可能です。
オールジャンルに通用する奏法ですので、ぜひマスターして下さい!

弦に当てる指

ツーフィンガー奏法の基本は、人差指と中指を交互に使って弦を弾きます。指は、弦に対して斜めに当てるとスムーズに弾けます。
指を当てる角度を直角に近づける事により、力強い音色になります。人差指と中指で、音色に差が生じないように弾けるようになりましょう。

指の当て方

指の当て方

直角に近づける

直角に近づける

親指の位置

親指は、「ピックアップ」「フィンガーレスト」「弦の上」に置くのが一般的ですが、弾く弦によって移動させる人、ずっと固定している人、固定しない人、様々な人がいます。もちろん決まりは無いので、自分に合った演奏方法を見つけて下さい。

ピックアップ

ピックアップの上

フィンガーレスト

フィンガーレスト

弦の上

弦の上

弾く場所

こちらはピック弾きと同様、弦のどの部分を弾くのかによってもサウンドは異なります。ネック側で弾くと、丸みのある柔らかい音、ブリッジ側を弾くと輪郭がはっきりとしたタイトな音になります。

ブリッジ側← 弾く場所 →ネック側


アポヤンドとアルアイレ

「アポヤンド」、「アルアイレ」とは元々クラシックギターの奏法に関する用語ですが、ベースにもそのまま使用されています。アポヤンドは、弾いた弦の隣の弦(1弦を弾いた場合は2弦、3弦を弾いた場合は4弦)に当てて止める弾き方。アルアイレは、弦を弾いた指をそのまま空中で止める(他の弦に当てない)弾き方です。アポヤンドは力強い音色、アルアイレは音量や音色がソフトになります。ベースで多用されるのはアポヤンドです。


  • SALE & OUTLET
  • 新商品
  • PA&レコーディング
  • ギター
  • ベース
  • ドラム&パーカッション
  • シンセサイザー・キーボード
  • その他 楽器
  • DJ & VJ
  • DTM / DAW
  • 映像機器・レコーダー
  • 照明・ステージシステム
  • スタンド各種
  • ラック・ケース
  • ケーブル各種
  • ヘッドホン・イヤホン
  • スタジオ家具
  • カリフォルニア生まれの天然水 AQUAVILLE

カタログ請求 メルマガ登録

WEBカタログ

サウンドハウス最新情報 Twitter

サウンドハウス Facebookファンページ

サウンドハウス 掲示板

オトヤムービー

特集特集一覧

サウンドハウス虎の巻!

サウンドハウス
虎の巻!

PA・楽器・DJ・DAW・照明etc…。「興味はあるけど何から始めればいいの?」そんなあなたの強い味方!お役立ち情報満載のサウンドハウス虎の巻!ぜひご活用ください。

コラム

  • お支払いについて
  • 購入後のサポートについて
  • 採用情報

SOUND HOUSE

株式会社サウンドハウス
〒286-0825 千葉県成田市新泉14-3
成田コールセンター
TEL.0476-89-1111 / FAX.0476-89-2222
徳島コールセンター
TEL.0885-38-1111 / FAX.0885-38-1100
平日 10:00〜19:00
土曜 12:00〜17:00
日曜祝日休業